ページ内移動用のリンクです
本文へ移動します




en effet net|美通信 vol.52|いつまでもキレイでいたいすべての女性のためのビューティー情報。「LIFE STYLE」「FOOD」「BEAUTY」「HEALTH」と4つのジャンルから編集部が厳選したテーマをお届します!

HEALTH

ストレス解消効果絶大!「涙活」で心とカラダをデトックス 最近、泣いたのはいつですか?近年、「泣くこと」でストレスを解消し、心とカラダのデトックスを図る「涙活(るいかつ)」が注目されています。嬉しいとき、悲しいとき、感動したときに流す涙。その一粒がもたらす驚きの効果をご紹介します。

泣くことは、最高のデトックス法 涙一粒で、ストレス解消効果が1週間続く

「泣く」と聞くと、ネガティブなイメージを持つ人が多いかもしれません。
しかし、「涙を流すこと」は心身によい影響を及ぼすことが、
医学的にもわかっているのです。しかもその効果は、
「『涙一粒』を流すと、そのストレス解消効果は一週間続く」と言われているほど。
笑いや睡眠よりも、高い効果があるというのだから、驚きです。
ストレスが軽減されれば、気持ちがスッキリすることはもちろんですが、
他にも、免疫力が上がって風邪をひきにくくなったり、
肌の調子がよくなったりと、嬉しい効果が報告されているようです。
そこで、今回はこの「涙」が秘めるパワーと、泣き方のコツをご紹介していきます。
(監修:涙活プロデューサー 寺井 広樹)

Effect 泣くことで自律神経のバランスを整えることができる

なぜ、涙を流すことでストレス解消効果が得られるのでしょうか。それには、「自律神経」が大きく影響しています。
自律神経とは、意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配している神経のことです。私たちの心身の機能は、カラダの緊張状態をつくり出す「交感神経」とリラックス状態をつくり出す「副交感神経」のふたつの自律神経がバランスをとりながら働くことで、良好なコンディションが保たれています。
本来、交感神経と副交感神経は均等に働くことが理想なのですが、ストレス社会に生きる現代人の多くは交感神経の働きが過度に高まった状態が続きがち。
それにより、心身がリラックスするときがなく、結果、イライラしたり、不眠になったりと、体調や精神バランスを崩してしまう人は少なくありません。
その状態を緩和するためには、「副交感神経」の働きを高めることが必要なのですが、その役目を果たしてくれるのにうってつけなのが「涙」なのです。
人は「涙」を流すと、副交感神経優位な状態に切り変わることが医学的に証明されています。副交感神経が働いて脳がリラックスできればストレスも軽減。さらに、緊張で収縮していた筋肉が緩むと血液循環がよくなり、体調や肌の調子にもよい効果をもたらすのです。

Method 能動的に涙を流す、「涙活」のススメ

「泣くことは恥ずかしい」「泣いたら負け」と、涙を避けてきた人も多いでしょう。
前述のように、涙は心にもカラダにもよい影響を与えます。であれば、泣くのを我慢する必要はありません。むしろ、流動的に涙を流す機会を設けてみること(=涙活)もオススメです。

大切なのは、涙の質

「涙」には、眼球を乾燥から守るための涙、たまねぎを切っているときに出る涙もありますが、ストレス解消に効果があるのは、感情が動くことで出る「情動の涙」です。
その幅も広く、嬉しさ、喜び、感動などのポジティブな涙から、悲しみ、怒り、恨みなどネガティブな涙があります。この中で、とりわけ効果が高いのは他者への共感による「感動の涙」。
同じ涙でも、ストレス解消に効果が高い涙を流すことがオススメです。
とはいえネガティブな涙がよくない、ということではありません。ネガティブな感情のときこそ強いストレスにさらされているもの。だからこそ涙を流してデトックスすることはとても大切です。
しかし、「辛いこと」に共感して泣くことはオススメしません。自分の辛い経験が想起され、逆にストレスになることもあるので注意しましょう。

上質な涙を流すためのコツ

涙と一言でいっても、上質な涙を流したいもの。そこで、上手に泣くためのコツをご紹介します。

自分の“泣きのツボ”を見つける

同じ映像を見ても、泣ける人と泣けない人がいます。それは、「泣きのツボ」が人それぞれ違うから。ペットものがツボの人もいれば、恋愛ものがツボの人もいて、自分の経験が重なるジャンルにツボがあることが多いようです。
まずは、自分がどのジャンルに泣きやすいかを見つけることが涙活の第一歩です。
泣くためのツールもさまざま。小説、ドラマ、映画、音楽、漫画、CM……自分が取り入れやすく涙腺がゆるみやすいものを選びましょう。

リラックスできる日と時間帯に泣く

心身がリラックスしいるときに泣くことがオススメです。リラックス状態で、素直な気持ちのときほど上質な涙を流しやすくなります。そして、泣くことでさらにリラックスし、さらに素直になれる。といったよい循環が生まれるので、ストレス解消効果は高まります。

泣く環境を整える

一人になれる静かな部屋で、少し暗めの照明にすることがオススメ。涙を拭く、やわらかいタオルや環境ティッシュペーパーなどは手元に用意しておきましょう。そして、余分な情報が入ると涙活が邪魔されてしまうので、携帯電話の着信音を消音にしたり、仕事や家事などの気がかりなことを思い出させるものも、遠ざけておきましょう。

フィクションでも信じてみる

「ノンフィクション」だと泣けるのに、「フィクション」と聞くと、途端に泣けなくなるという人がいます。泣くためには“真実じゃないし”と思わず、とりあえず信じて共感してみましょう。そのほうが、「気持ちよく泣く」という目的が果たせます。

胸にぐっときたら我慢をしない

涙が流れるときは、たいてい胸にグッと詰まる感じがあります。涙を流すことに慣れていないと我慢してしまいがちです。我慢せずに泣きましょう。

目をゴシゴシとこすらない

泣くと目が腫れたり、顔がむくむのが気掛かり。という女性は多いのではないでしょうか。その原因は、涙が出たときに目全体をゴシゴシこすったり、眼球ごとハンカチでぬぐったりしてしまうため。多数の毛細血管があるまぶたは、ちょっとした刺激で腫れやむくみを起こしてしまうのです。「ゴシゴシぬぐわないこと」が腫れない&むくまないコツです。

寺井 広樹 涙活プロデューサー

「涙活」発案者。1980年、兵庫生まれ、同志社大学卒業。
2013年1月から「涙活」をスタート。涙活をテーマに、映画や音楽とコラボレーションしたり、イベントなどを行う。また「離婚式」の発案者としても知られ、現在までに約200組の式に携わる。
著書に『心が元気になる涙のキキメ』(マガジンハウス)、『涙活公式ガイドブック』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など多数。

いかがでしたか?

「涙を流すこと」、それは決して、ネガティブなことでも、
カッコ悪いことでもありません。
むしろ、心にもカラダにもよい影響を与えるポジティブなこと。

月に数分でもいいので、「泣いてみよう」という時間を
つくってみてはいかがでしょうか。

Back Number バックナンバーの閲覧にはログインが必要です。

  • vol.52 「涙活で心とカラダをデトックス」

    「涙」が秘めるパワーと、泣き方のコツをご紹介します

  • vol.51 「家庭でできる簡単カビ対策」

    適材適所の撃退法をマスターして、ジメジメとした季節を乗り越えましょう!

  • vol.50 「スーパーフードで輝く女性に」

    今話題のスーパーフード、その魅力や取り入れ方をご紹介します

バックナンバー一覧はこちら


お電話でのご注文・お問い合わせ 【通話料無料】携帯電話・PHSもご利用できます

  • アスタリフト商品

    0120-596-221

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

  • ルナメア商品

    0120-670-590

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

  • サプリメント商品

    0120-241-946

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

公益社団法人 日本通信販売協会会員