ページ内移動用のリンクです
本文へ移動します




en effet net|美通信 vol.59|いつまでもキレイでいたいすべての女性のためのビューティー情報。「LIFE STYLE」「FOOD」「BEAUTY」「HEALTH」と4つのジャンルから編集部が厳選したテーマをお届します!

HEALTH

ひじ・ひざ、かかとのガサガサを解消!正しいケアで、自信の持てる肌へ 湿度も気温も低い冬は、顔だけでなくボディも乾燥しがち。特に、ひじやひざ、かかとはカサつきやゴワつきが気になるパーツです。そこで、今回はカサつくこれらのパーツケアをご紹介します。

「古い角質の除去+入念な保湿」で、気になるガサガサ、ゴワゴワを撃退!

ひじやひざ、かかとは粉を吹いたようにカサついたり、
ひどくなるとひび割れを起こしてしまうことも。
そんな経験をしたことがある人も、多いのではないでしょうか。

ひじやひざ、かかとは他のパーツに比べ、
皮脂の分泌が少ないため、乾燥しやすいのです。
しかしながら、自分では目に付きにくいため、なかなかケアが行き届いて
いないのではないでしょうか。
放っておけば、かゆみや肌の黒ずみ、ひび割れなどを起こしてしまいます。
そうなる前にきちんと、ケアすることが必須。
そこで、ガサガサ、ゴワゴワになってしまった
ひじやひざ、かかとのケア法をご紹介します。
(監修:恵比寿やすみクリニック 院長 佐藤 やすみ)

皮脂の分泌が少ないうえに、摩擦もカサつき、ゴワつきの原因に

ひじやひざ、かかとはカラダの中でも特にカサつきやゴワつきが生じやすいパーツで、原因のひとつは、これらのパーツがもともと皮脂腺が少ないことです。
皮脂が出にくいために、乾燥しやすいのです。

さらに、摩擦によるダメージが生じやすい部位であることも理由です。テーブルの上にひじをついたり、床にひざをついて物をとったり……。無意識のうちに、そんな行動が習慣になっている人も多いのではないでしょうか。ひじやひざをつくと、物と皮膚の間で摩擦が生じます。
すると皮膚は角質を厚くすることでその刺激から自らを守ろうとします。その結果、角質が厚く硬くなり、ゴワついてしまいます。
カラダの重みを支えているうえに常に床や靴と接しているかかとは、さらに強い刺激に。そのため一層古い角質が溜まりやすく、皮膚が厚く硬くなりがちなのです。

また、皮膚は常に新陳代謝を繰り返すことで、古い角質が剥がれ落ち、ツルツルの状態でいられるのですが、空気が乾燥する冬はこの働きも乱れぎみ。顔やカラダ全体が乾燥したり、角質が溜まりやすくなりますが、もともと乾燥しやすいひじ、ひざ、かかとは特に、カサつきやゴワつきが目立ってしまいます。

3つのステップで、ゴワつきをオフ!ひじ、ひざ、かかとのケア法

カサつきゴワつきを放っておけば、かゆくなったり、ヒビが割れて傷になってしまう可能性も。そうなる前に、きちんとケアをしてあげることが大切です。
「角質オフ⇒念入り保湿⇒潤いを閉じ込める」といった3つのステップで、スベスベなひじ、ひざ、かかとを目指しましょう。

STEP1 溜まった古い角質を除去し、皮膚をやわらかくする

乾燥ケアというと、「とにかく保湿!」と思うかもしれませんが、角質で頑丈にバリアされた皮膚に、いくら保湿剤を塗布しても浸透していきません。保湿をする前に古い角質を除去し、肌を柔らかく整えましょう。

ひじ ひざ

ひじやひざは、かかとほどに皮膚が固くありません。ゴシゴシこすったり、削るのではなくピーリング効果のあるコスメでやさしく角質を除去しましょう。
ピーリングとは、酸の力で角質をはがし、新陳代謝を正常化する角質ケアのこと。顏の毛穴に詰まった古い角質を落とす際のケアとしてもよく知られています。
尿素にも角質を柔らかくする作用はありますが、濃度が高いと刺激になるとことも。お肌が敏感な方は、ボディ用に比べて濃度が低い顔用のアイテムや美容液、クリームなどでうすめて使用するなど工夫しましょう。

かかと

かかとも、ピーリング剤を用いるのが◎。ぶ厚く頑固な角質には、尿素濃度がやや高めのものを選ぶといいでしょう。また、かかとの場合は専用のやすりなど削ってもOKですが、強くこすり過ぎたり、削り過ぎないように注意を。

STEP2 ラップケアで、保湿成分を浸透させる

古い角質を除去したら、保湿効果のあるクリームなどを手でやさしくなじませましょう。さらに、その上から家庭にあるラップをぐるっと巻いて時間を置き、保湿剤を浸透させます。

ひじ ひざ

ひざやひじであれば、顏用の保湿剤でもOKです。ラップを巻き付けたあとは、10分程度放置して浸透させましょう。

かかと

ひじ、ひざよりも角質が硬くなりがちなかかとはボディ用のクリームを用いましょう。
ラップを巻きつけたあとは、20分程度放置。ラップの上から靴下も履くとより浸透力が高まるうえ、ラップが外れにくくもなるのでオススメです。
ただし、ラップをつけたまま眠ってしまうのはNG。蒸れてかゆみの原因にもなるので就寝時は必ず、取り外しましょう。

STEP3 こっくりクリームでフタをして、水分の蒸発を防ぐ

保湿剤には肌に浸透して潤い成分を角層に届けるものと、表面に油の膜でふたをする役割があるものがあります。ひじ、ひざ、かかともラップをはがしたあとは、クリームやオイルなどの、ふたをするタイプのコスメを塗布。ステップ2で浸透させた潤い成分を閉じ込めます。

+α POINT
ケアはお風呂上がりに、素早く!

それぞれのケアは、お風呂上がりなど皮膚が柔らかくなっているときに行うとより効果的です。また、お風呂上がりは水分が蒸発すると同時に潤い成分も奪われていってしまいます。そのため、皮膚が乾く前に素早く保湿ケアをすることが大切です。

黒ズミが気になるときは、クレイパックでケア

外敵刺激を受けやすい、ひじやひざは黒ずみが気になることも。
そんなときは、クレイパックでケアをすることもオススメです。古い角質や汚れを取るだけでなく、美白効果も期待できます。

肌の保湿力を高める、生活習慣や食べものも見直しを

潤いある肌を保つためには、生活習慣の見直しや、外側からのケアだけでなく内側からのケアも大切。次のような点も抑え、ひじ、ひざ、かかとの乾燥を予防しましょう。

皮膚に刺激を与えないように心がける

ひじやひざをつく習慣は、カサつきやゴワつきの大きな原因です。また、自分の足のサイズと合わない靴を履くことも、余計な摩擦を起こしてかかとにダメージを与えてしまいます。
ひじやひざ、かかとにできるだけ刺激を与えないよう心がけましょう。

血糖値を急激に上げない食事を

急激に血糖値を上昇させてしまう食事は、肌の潤いをサポートするコラーゲンに悪影響を与え、くすませたり、ターンオーバーを乱して乾燥を進行させてしまいます。
炭水化物など血糖値が上がりやすい食品を食べる際は、先にサラダやスープなどの野菜を摂取することで、急激な上昇を抑えることができます。また、白米を血糖値の上昇がゆるやかな玄米に変えてみることなど、ひと工夫することもオススメです。

オイルは上質なものを!

「オイルは太る」といったイメージを持つ人も多いですが、摂取を極端に避けてしまうと肌は乾燥してしまいます。適度なオイルの摂取は必要ですが大切なのは、良質なオイルを選ぶこと。
オメガ3系脂肪酸が多く含まれる亜麻仁油、チアシードオイル、えごま油、フィッシュオイルなどは肌や美容にも良い影響を与えてくれます。ただし、動物性の脂肪の摂り過ぎは注意が必要です。

適度な運動などで、血流アップ

血流の滞りは肌のターンオーバーが乱れる原因。乾燥しやすくなったり、角質が溜まりやすくなってしまいます。
適度な運動やストレッチを行ったり、血流アップを心がけることも、ひじ、ひざ、かかとの乾燥対策に有効です。

佐藤 やすみ

順天堂大学病院研修後、都内スキンケアクリニック院長を経て、2011年、恵比寿やすみクリニック開業。美容皮膚科、レーザー治療、各種注入療法などの経験は二万例を超える実績あり。
https://www.yasumi.me/

いかがでしたか?

ひじ、ひざ、かかとはカラダの中でも乾燥が気になる部位です。
しかし、冬は服で隠れるからと、
ケアを後回しにしてしまう人も多いのではないでしょうか。
放置をすれば、どんどん乾燥は進行して、症状は悪化していまいます。
ひび割れたり、黒ずんでしまう前に、きちんとケアをしましょう。

Back Number バックナンバーの閲覧にはログインが必要です。

  • vol.59 「ひじ・ひざ、かかとのガサガサを解消」

    「古い角質の除去+入念な保湿」で、気になるガサガサ、ゴワゴワを撃退!

  • vol.58 「腸内環境を整えて、キレイ&健康へ」

    腸内環境を整えるための効果的な方法をご紹介します!

  • vol.57 「パーソナルカラーをいかして魅力度アップ」

    自分に本当に似合う色を知って、魅力度をアップしましょう!

バックナンバー一覧はこちら

アスタリフト トップ

  • アスタリフト限定商品
  • レフィルのご購入はこちら
  • レフィル付け替え方法のご案内
  • まずはお試しください トライアルキットはこちら
  • 便利でお得な定期お届けサービス
  • クチコミ(お客様の声)
  • ラッピングサービスのご案内
  • en effet net

商品番号から注文する

  • クイック注文


お電話でのご注文・お問い合わせ 【通話料無料】携帯電話・PHSもご利用できます

  • アスタリフト商品

    0120-596-221

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

  • ルナメア商品

    0120-670-590

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

  • サプリメント商品

    0120-241-946

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

Select your Country / Region Website

公益社団法人 日本通信販売協会会員