メニュー

ビューティー&ヘルスケア特集Vol.10 ベースメイクは何のため?~見た目だけじゃない大切な役割~ビューティー&ヘルスケア特集Vol.10 ベースメイクは何のため?~見た目だけじゃない大切な役割~

どんなベースメイクアイテムを使っていますか?

ベースメイクアイテムは、「しっかりキレイにカバーしたい」「とにかくスピーディに仕上げたい」などベースメイクに求める優先順位によって、選ぶアイテムが異なります。平日はしっかりメイク、休日はナチュラルメイクなど使い分けをする方もいるのではないでしょうか。お客様アンケートの結果からも、ほとんどの方が複数のベースメイクアイテムを併用し使い分けていることがわかります。

しかし、今回注目したのはアンケート結果表の下から2つ目の回答、「普段ノーメイクである」と答えた方が5%もいたことです。素顔で過ごすことは、いっけん肌に負担をかけずやさしそうに感じますが、逆にダメージを受けやすい状態となります。ベースメイクには、見た目のキレイさを演出するだけでなく、大切な役割があるのです。

普段お使いのベースメイクアイテムは?(複数選択あり)アスタリフトのお客様向けアンケート〈2017年10月実施/回答者1997名〉 普段お使いのベースメイクアイテムは?(複数選択あり)アスタリフトのお客様向けアンケート〈2017年10月実施/回答者1997名〉

外気にさらされる肌を守る

ベースメイクの役割は2つあります。ひとつは、シミや毛穴など肌の気になる部分をカバーし、肌の色ムラを整えてなめらかな美しい肌に仕上げてくれる“メイク効果”。文字通りメイクのベースとなって、アイメイクや口紅などのポイントメイクを生かしながら美しさや個性を演出します。

そして、もうひとつの役割は、紫外線や大気汚染、ホコリ、花粉といった外的要因から肌を守る“ブロック効果”。いつも服で覆われているカラダと違い、顔のお肌は常に外気にさらされています。ノーメイクは外的ダメージを受けやすい無防備な状態なのです。

特に肌のハリの低下やシワの原因にもなる紫外線は一年中降り注いでいます。肌に紫外線ダメージを与えないためにも、UVカット効果のある化粧下地やBBクリームを使って、しっかりブロックしてあげましょう。

お肌にトラブルを呼び込まないために

ベースメイクでお肌を外敵からガードできたとしても、基本的なケアを怠るとお肌そのものがトラブルを起こしてしまうこともあります。

就寝前には必ず洗顔を

当たり前のことですが、1日の終わりには「洗顔」をお忘れなく。外から帰ったら手洗いうがいをするように、お肌に付着した汚れは落としてから眠りましょう。たとえ軽いメイクであっても、汚れをつけたまま寝てしまうことは肌トラブルの原因になります。

メイク道具を清潔に

ベースメイクのスポンジ、パフ、ブラシなどのメイク道具が汚れているのは肌トラブルの原因になります。毎日使うものだからこそ、定期的にお手入れして清潔に保ち気持ちよく使いましょう。

メイク道具の「お手入れ方法」を
知りたい方はこちら!

スポンジ・パフ

メイクブラシ

メイク道具の「お手入れ方法」を知りたい方はこちら!

スポンジ・パフ

メイクブラシ

おすすめコンテンツ

  • すこやか美研すこやか美研
  • ビューティ―&ヘルスケア特集ビューティ―&ヘルスケア特集
  • 本音をリサーチ「みんなでChoice」本音をリサーチ「みんなでChoice」