ページ内移動用のリンクです
本文へ移動します





疑問解決! お役立ち Q&A

第11回 コンディショナーの正しい使い方を教えてください

今回のプロフェッショナルアドバイザー

佐藤 友香(富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー 毛髪診断士)

佐藤 友香(富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー 毛髪診断士)

スキンケアと同じくヘアケアも、正しいお手入れ次第で見違えるものです。毎日行っていることだからこそ、自己流になり実は間違っていることも!コンディショナーは、どこになじませるががポイントになります。根元にたっぷりコンディショナーを塗られる方がいますが、頭皮の毛穴が詰まりやすいので逆にトラブルの原因になることもあります。コンディショナーは髪全体になじませ、傷みやすい毛先はたっぷり目に使いましょう。

  • 1水気を軽く切った髪に、コンディショナーを行き渡らせる

    水気を軽く切った髪に、コンディショナーを行き渡らせる

    水気を軽く切り、コンディショナーを両手に広げ、髪になじませます。その際、根元から毛先へ手ぐしでかきあげるようにすると、髪全体に行き渡ります。

    <アスタリフト スカルプフォーカス
    コンディショナーの場合>

    セミロングで2プッシュが使用量の目安です。しっとりとまとまりのある洗い上がりが特長の商品ですが、洗い上がりに髪のきしみを感じた場合は、「コンディショナーの使用量が足りていない」ことが考えられます。
    使用量は、髪の長さ、毛量、髪質などによって異なりますので、洗い上がりにあわせてご調整ください。

    アスタリフト スカルプフォーカス コンディショナー
  • 2ダメージを受けやすい毛先は、しっかりとなじませる

    ダメージを受けやすい毛先は、しっかりとなじませる

    傷みやすい毛先は、コンディショナーをしっかりなじませたい部分です。コンディショナーをたっぷりつけた後、髪の中間から毛先にむかって軽くギュッとにぎるようにすると、しっかりなじみます。さらに、3分程度おくとより効果的です。

  • 3たっぷりのお湯で、丁寧にすすぎましょう。

    たっぷりのお湯で、丁寧にすすぎましょう。

    コンディショナーをすすぐ際には、根元から毛先にかけて、たっぷりのお湯で丁寧にすすぎを行いましょう。
    コンディショナーの使い方は、動画でもご覧いただけます!

    動画でチェック!

    ワンポイントアドバイス

    コンディショナーを正しく使えていても、きちんと乾かさないとせっかくのことが無駄になってしまいます。濡れた髪は、キューティクルが開きとてもデリケートな状態です。自然乾燥でなく、ドライヤーを使って乾かしましょう。ポイントは、髪の根元から毛先の順に乾かすことです。最後に冷風をあてると、ツヤのあるさらさらな仕上がりに!

    コンディショナーを正しく使えていても、きちんと乾かさないとせっつかくのことが無駄になってしまいます。

PICK UP ITEM

アスタリフト スカルプフォーカス コンディショナー

ノンシリコン

年齢を重ねた髪をコンディショナーが内と外から補修。髪の根元からふんわりとしたハリ・コシ、ボリューム感をプラスします。ダマスクローズをベースにしたハーバルフローラルの上品な香りが髪を包み込みます。

詳しくはこちら

アスタリフト ホワイト パーフェクトUVクリアソリューション

お電話でのご注文・お問い合わせ 【通話料無料】携帯電話・PHSもご利用できます

  • アスタリフト商品

    0120-596-221

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

  • ルナメア商品

    0120-670-590

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

  • サプリメント商品

    0120-241-946

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

Select your Country / Region Website

公益社団法人 日本通信販売協会会員