ページ内移動用のリンクです
本文へ移動します




いろどり+(プラス) ~健やかに美しく、彩りのある未来をあなたに。

この1枚!被写体に対するこだわりと想い

『偏向フィルターを使って呼子の海の色を鮮やかに撮影』
『偏向フィルターを使って
 呼子の海の色を鮮やかに撮影』

 カメラマン:神原孝幸

偏光フィルターを使って呼子の海の色を鮮やかに撮影しました。
今回訪れた佐賀では台風が通り過ぎた影響で、曇っては雨が降り、たまに晴れ間が出たかと思ったらまた曇ってと、めまぐるしく変わる天候のため、撮影も大変苦労しました。唐津市内からイカで有名な呼子に向かう途中でも、スッキリしない空。海や山の色も本来の冴えがなくどんよりしていましたが、呼子大橋を渡る頃、厚かった雲が薄くなり軽く日の光もさすようになりました。橋の上から見る海や木々の緑に少しずつ鮮やかさが出てきましたが、透きとおった海には雲が映り込み、薄陽が軽く海面に反射するために、撮ってみると見た目以上にインパクトの無い写真になってしまいました。

そこでPL(偏光)フィルターを使って海面の反射をおさえてみようとレンズに装着しました。デジタルカメラの場合は撮影した画像を確認しながら明るさを調整しますが、フィルムカメラでは+1~+2段の露出補正が必要になります。
さてフィルターを装着して反射が一番少ない位置にセットをすませると、港から船が出て行くのが見えたので、ちょうどいい位置に船が来るのを待ち、シャッターを押しました。画像を確認すると想像以上に海の色がはっきり出て、手前の岩礁の海中部分がしっかり見えて周辺の緑も鮮やかになりました。PLフィルターは反射面との角度30~40度が最も効果的で、橋の上からの撮影が功を奏したようです。
PLフィルターは水面やガラス面などの反射を取り除き、青空をより青く、植物などの色をはっきり鮮やかにする効果があるなど、ネイチャーフォトにはかかせないフィルターです。常に用意しておいて、これから紅葉の季節などにワンランクアップした写真を撮るために試してみてはいかがでしょうか。

今回のカメラと設定

■使用カメラ FUJIFILM X-T1
■使用レンズ フジノンレンズXF16-55mm F2.8R LM WR
■ISO感度 ISO100
■絞り値 F8
■シャッタースピード 1/250秒
■PLフィルター使用

  • フォト紀行 番外編
  • いろどり電子版
  • 【会員限定】壁紙・カレンダープレゼント


お電話でのご注文・お問い合わせ 【通話料無料】携帯電話・PHSもご利用できます

  • アスタリフト商品

    0120-596-221

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

  • ルナメア商品

    0120-670-590

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

  • サプリメント商品

    0120-241-946

    9:00~20:00

    (年末年始を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

Select your Country / Region Website

公益社団法人 日本通信販売協会会員