第19回 紫外線のウソ・ホント!?
正しい知識とケアでこの夏の肌を守ろう!

日焼けやシミなどの肌老化を招く、美容の天敵である紫外線。 1年間に降り注ぐ紫外線量のうち、およそ70%〜80%が4月~9月に集中していると言われています。
特に夏の紫外線は、肌を突き刺すような直射光だけでなく、アスファルトや建物の壁面、空気中に漂うチリにも反射し、散乱光となるので、360度どこからでも狙い撃ちされているようで怖いですよね。

そんな厄介な紫外線、実はニキビに悪影響を与えることを知っていましたか?
肌に紫外線が当たると肌表面の角層の水分が奪われ、ターンオーバー(肌の代謝サイクル)が乱れます。すると、うまく肌の生まれ変わりが行われなくなり、皮脂や角栓などで毛穴が詰まってニキビができやすくなります。また、ニキビの原因となる炎症を引き起こすアクネ菌は、紫外線を感知するとポルフィリンという毒素を排出し、さらにニキビを悪化させることも。

乳液やクリーム状の化粧品は、べたべたしてニキビを悪化させてしまいそうだから使いたくない!という気持ちはありますが、UVケアはとっても大切!今は日焼け止め化粧品も、化粧下地と一緒になったサラリとしたテクスチャーのものや、ローションタイプ、スプレータイプなど様々な種類があるので、場面やお好みに応じて使い分けてみるのも良いかもしれません。

また、紫外線には光の長さによってUV-C波、UV-B波、UV-A波の3つの種類があります。UV-C波は、地球の周りのオゾン層でさえぎられて、わたしたちのもとには届きません。そのため、日焼け止め化粧品には、UV-B波のカット効果を示す「SPF」とUV-A波のカット効果を示す「PA」が表示されています。SPF値の高い日焼け止め化粧品だからと安心するのではなく、PA値がどの程度なのかも必ずチェックしたうえで、日焼け止め化粧品を選ぶようにしてくださいね。

UVケアを行う際のポイントを5つご紹介!

ポイント①

日焼け止め化粧品は商品ごとの適量を守り、
顔(体)全体にムラなくつけるようにしましょう。

ポイント②

こまめに塗り直すことを心がけましょう。
紫外線は10時〜16時がピークタイム。ランチタイムは抜かりなく!

ポイント③

ウォータープルーフなど落ちにくい日焼け止め化粧品は、
しっかりクレンジングを使って落としましょう。

ポイント④

日焼け止め化粧品をつけた肌は乾燥しやすくなるので、
朝晩のスキンケアでは保湿を念入りに。

ポイント⑤

くもりや雨の日でも紫外線は降り注いでいます。
油断せずに晴れの日と同様のUVケアを行いましょう。

ウソ?ホント?
紫外線クイズにチャレンジ!

Q1:生理前は日焼けしやすくなるから、いつもより念入りなUVケアが必要。

A:ウソ
B:ホント

結果はこちら結果はこちら

正解は「B:ホント」です。
生理前は、黄体ホルモンの分泌が多くなります。黄体ホルモンは、紫外線の感受性を高めるため、この時期は日焼けしやくなります。注意しましょう。

Q2:夏と言えば、海。水の中では日焼けしないため、日焼けを防ぎたければ出来るだけ海の中に入ればよい。

A:ウソ
B:ホント

結果はこちら結果はこちら

正解は「A:ウソ」です。
水はわずかな紫外線しか防いでくれません(水深50cmで、地表面の40%)。また、紫外線の反射率も水面では10〜20%と、コンクリート・アスファルトの10%より高くなることが多いため、いつも以上にしっかりとケアすることが大切です。

Q3:日焼け止め効果のあるSPF30の化粧下地の上から、SPF30のファンデーションを重ねて使えば、化粧下地のSPF30+ファンデーションのSPF30で、SPF60になる。

A:ウソ
B:ホント

結果はこちら結果はこちら

正解は「A:ウソ」です。
SPFはその商品ごとに紫外線をカットする仕組みが違うため、日焼け止め効果のある商品を組み合わせたからと言って、効果は単純に足し算では考えられません。ただし、単品で使用するよりも日焼け止め効果はアップするので、重ねづかいは有効です。

いくつ正解しましたか?
紫外線は暑さや眩しさがないため、どのくらい肌が紫外線を浴びているのか実感しにくいもの。「こんなはずじゃなかった!」と後で後悔しないためにも、正しい知識とケアで肌トラブルのない肌を目指してくださいね。日傘や帽子、サングラスなどを活用することも忘れずに!

【ルナプラ美肌簡単レシピ】

鮭には紫外線が受けて発生する活性酸素を取り除く「アスタキサンチン」が豊富に含まれています。さらに、トマトの「リコピン」も抗酸化作用を含んでいるので、紫外線対策として取り入れたい成分。特に調理されたトマトには多くのリコピンが含まれます。外から守ることは勿論のこと、内側からもしっかりと紫外線対策をしてくださいね。
鮭とトマトのアクアパッツァ

イマドキ女子事情を徹底リサーチ!!

今回は「紫外線と肌」について、徹底リサーチ。
これを見ればイマドキ女子事情が一目瞭然!?

あなたは多数派?それとも少数派?

いつもルナプラアンケートへのご協力、ありがとうございます!
性別年代を問わず、夏に気になるのは紫外線ですよね…。
お肌の大敵と言われる紫外線ですが、みんなが一番恐れている肌への影響って何?どんな基準で日焼け止めを選んでる?などなど、この時期気になる「紫外線と肌」について、みんなに聞いてみました!ぜひ、チェックしてみてくださいね♪

Q1 あなたはいつから紫外線対策をしていますか?
もっと見る
Q2 紫外線による肌影響で一番気になるのは何ですか?
もっと見る
Q3 日焼け止めを選ぶ基準は何ですか?
もっと見る
「日焼け止め」については、他にも様々なご意見をいただきました。今回はその一部をご紹介します!

いかがでしたか?
アンケート結果から、早い時期から紫外線対策を行っていたり、それぞれがこだわりをもって日焼け止め商品を選んでいたりすることがわかり、みなさんの紫外線ケアに対する意識の高さが伺える結果となりました。
今回のルナプラは、紫外線対策において勘違いしやすいことや、しっかりケアするためのポイントを中心にお伝えしています。ぜひ参考にしてくださいね♪
これからの時期は旅行やお出かけの機会も増えるかと思います。レジャーを思いっきり楽しむためにも、紫外線対策は万全に!

ルナメアのケアで叶える“キレイ”の秘密

紫外線を防ぎながら、
肌のうるおいもしっかりケアする
UVケア商品はこれ!

長年にわたる写真フィルムの研究開発で培った技術と、フィルムの技術を化粧品に活かすというオリジナリティに溢れた視点から生まれた、富士フイルムのUVケア商品をご紹介。日中の紫外線をしっかり防ぎながら、たっぷりの美容成分でダメージの多い日中用の美容液としての役割も果たします。なりたい肌やTPOに合わせて選んでくださいね♪

SPF40・PA++

[透明感のある肌へ!]

ルナメア UVプロテクター
<SPF40・PA++>

滑らかに伸びて白浮きせず、ベタつかないつけ心地。クリア成分・クラウンシュガー※1をシリーズ最高濃度で配合し、乾燥や紫外線などの環境ダメージから日中の肌をガードしながら、透明感のあるみずみずしい肌へ。
※1:うるおい成分。シクロデキストリン

ルナメア UVプロテクター 商品ページを見る
SPF50+・PA++++

[美白肌になりたい!]

アスタリフト ホワイト パーフェクト
UVクリアソリューション
<SPF50+・PA++++>

最高水準のSPFとPA値で紫外線を徹底ブロック!紫外線にあたると配合された美容液カプセルが弾けて、美容成分が肌に浸透※2。美白肌※3を目指す方へオススメです。
※2:角層まで
※3:メイクアップ効果によるもの

アスタリフトホワイトパーフェクト UVクリアソリューション 商品ページを見る
SPF50+・PA++++

[ハリ肌になりたい!]

アスタリフト パーフェクトUVプロテクター
<SPF50+・PA++++>

最高水準PA++++の防御力で、日やけによるシミ・そばかすを防ぎます。アスタキサンチン※4とリコピン※5のWの赤のチカラでピンとしたハリ肌をサポートします。
※4:うるおい成分。ヘマトコッカスプルビアリス油。
※5:うるおい成分。トマト果実エキス。

アスタリフトパーフェクトUV プロテクター 商品ページを見る
SPF35・PA++++

[うるおう肌になりたい!]

アスタリフト UVプロテクター
<SPF35・PA++++>

UV&モイスト複合カプセル配合で、乾燥が気になる日中の肌のうるおいを守ります。さらに、Wの赤のチカラがハリ肌をサポートします。

アスタリフト UVプロテクター 商品ページを見る
初めての方はこちら!ルナメアAC1週間お手入キット