第22回 秋になぜかムズムズ&肌あれが…
3つの対策で、お手軽秋のゆらぎ肌対策!

普段は何ともないのに、この時期になると、肌がピリピリしたりムズムズが気になったりしませんか?
もしかするとそれは、季節の変わり目に起こりやすい“ゆらぎ肌”になっているからかも…。
でも、どうして特定の時期だけ肌のコンディションが不安定になるのでしょうか?
まずはその原因から探っていきましょう。

気温・湿度、そして皮脂分泌が低下!

本格的な冬に向け、10月から12月にかけては気温も湿度もどんどん下がりはじめます。
特に10月になると、気温は20度以下の日が増え、最低湿度も60%を下回る日が増えていきます。
(肌にとって理想的な気温が25度前後、湿度が60%〜65%といわれています。)

引用:気象庁/東京 過去の地域平均気象データより

そのため、気温の低下によって肌の代謝のリズムが乱れ、湿度の低下によって肌のうるおいも一気に奪われ、肌のバリア機能が低下しやすくなってしまいます。
さらに、皮脂も夏に対して秋は75%、冬は49%と分泌量が減少してしまい、うるおいを守る力も、外からの刺激に対する防御力も弱まり、乾燥や肌トラブルが起きやすい状態になっていきます。

秋花粉などによるアレルギー?

秋はイネ科やキク科、ブタクサ属など背が低い雑草の花粉が飛散する時期。
口や鼻で吸い込んだり、お肌に付着したりすることで花粉が体内に侵入し、肌のバリア機能の低下や肌荒れ、かゆみなどを引き起こすことがあります。
気温・湿度、皮脂分泌の低下にアレルギーが重なると、さらなるダメージを肌に与えてしまうこともあるのです。
過ごしやすさと裏腹に、肌にとっては過酷な環境ですね。

秋は、このような環境要因によって肌がダメージを受け敏感になることが多く、ちょっとした刺激にも反応しやすくなり、ピリピリやムズムズといった違和感を感じやすくなります。
では、この時期の肌ケアはどのようにすればよいでしょうか?次のコーナーから、秋の"ゆらぎ肌"の対策ケアをみていきましょう。

“ゆらぎ肌”の対策ケアとは?

なぜかこの季節になると肌の調子がくずれがち…と感じた時は、ぜひ3つの“ゆらぎ肌”対策ケアを取り入れてみてくださいね。

①ダメージから肌を守るケアを!

ダメージから肌を守るケアを心がけましょう。ダメージから肌を守るには、肌の表面や角質層に水分を与えるだけでなく“水分を保持”させることが大切です。化粧水をつけた後のしっとり感は一時的なもののため、化粧水で肌を整えた後は、保湿成分が含まれる乳液やクリームなどでしっかりケアするようにしてくださいね。

②持ち込まない!取り除く!

帰宅後は、玄関先でしっかり花粉などをはらって、アレルゲンを家に持ち込まないよう気をつけましょう。また、すぐに手洗い・うがいとともに洗顔するだけでも、かなりの効果があるといわれています。その際、洗顔料のすすぎ残しも肌の負担や敏感肌の原因になることがありますので、生え際や顎など、すすぎ残しのないようきちんと洗い流しましょう。

③ライフスタイルも見直そう!

過剰なストレスや寝不足、バランスの悪い食事なども敏感肌をつくる要因になります。6時間以上の睡眠を心がけることや、バランスの良い食事、運動でストレスを発散するなど、ライフスタイルも一緒に見直してみてくださいね。肌が敏感な時は、髪が顔に触れるだけでもかゆみなどを引き起こしますので、ヘアスタイルなどにも気をつけてくださいね。

いかがでしたか?
最近、自分の肌が敏感肌であると感じる女性が増えているそうです。
ご紹介した内容以外に原因があるなど複合的な場合もありますが、前述のケア方法を参考に、秋からも健やかな肌を目指してくださいね!

【ルナプラ美肌簡単レシピ】

肌のバリア機能を高めるためには、体の内からのケアも大切!そこで積極的に摂りいれたいのがビタミン類です。特にビタミンAは肌にうるおいをもたらしてくれるだけでなく肌のターンオーバーを調整し、みずみずしい肌へ導いてくれます。ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれているため、今回は「野菜たっぷりブッタボウル」をご紹介♪
野菜たっぷりブッタボウル

イマドキ女子事情を徹底リサーチ!!

今回は「秋の肌のかゆみ」について、徹底リサーチ。
これを見ればイマドキ女子事情が一目瞭然!?

あなたは多数派?それとも少数派?

いつもルナプラアンケートへのご協力、ありがとうございます!
この時季、普段どおり肌のお手入れをしているつもりなのに、なぜだか肌がかゆくなったりしませんか?
そんな時、「もう、どうして良いのか分からない!」「これって私だけ?」なんて、悩んだり途方に暮れたりしますよね…。
そこで今回は「秋の肌のかゆみ」について、みんなの声を集めてみました。

みんなは何が肌のかゆみの主な原因と考え、どんなケアを行っているのでしょう?
チェックしてみてくださいね!

Q1 秋の肌は不安定でデリケート。秋になると、肌にかゆみなどを感じますか?
もっと見る
Q2 Q1で「YES」と答えた方にお伺いします。何が原因だと思いますか?
もっと見る
Q3 肌のかゆみを防ぐために、どのような対策を行いますか?
もっと見る
「秋の肌のかゆみ」を防ぐために行っている具体的なケアについて、みんなの声を集めてみました。今回は、たくさんいただいた声の中から、その一部をご紹介!ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

いかがでしたか?
アンケートの結果から、ほとんどの方が、秋になると肌にかゆみを感じていることがわかりました。

朝晩の冷え込みさえ注意すれば、暑くも寒くもなく、秋はとても過ごしやすい季節。 けれど、肌にとっては、夏のダメージのなごりや花粉の飛散、湿度の低下による乾燥など過酷な時季でもあります。肌が不安定でデリケートな状態になってしまうので、基本のスキンケアや保湿ケアを丁寧に行い、肌のバリア機能がしっかり働くように整えることを優先しましょう!

ルナメアのケアで叶える“キレイ”の秘密

毛穴からうるおいをチャージして、
健やかな肌へ!

乾燥が進む秋は、肌が水分を保てるように、保湿成分でしっかり肌をうるおしてあげることが大切。毎日の化粧水・乳液・保湿クリームといった基本的なスキンケアを丁寧に行い、肌の状態を常に健やかに保つようにしましょう。

ルナメア ローション<化粧水>

独自の技術で極小サイズまでナノ化したクリアナノビタミンE※1とクリアナノビタミンA※2が、毛穴の油分になじんで肌へ浸透※3。キメを整え、角層のすみずみまでうるおいをチャージ!
※1 トコトリエノール
※2 パルミチン酸レチノール
※3 角層まで

ルナメア   ローション商品ページを見る>

ルナメア エマルジョン<乳液>

みずみずしいつけ心地。角層をうるおわせ、乾燥や環境ダメージから肌を守り、1日中しっとりをキープします。使用量がわかりやすいポンプ式です。

ルナメア   エマルジョン商品ページを見る>

ルナメア クリーム<クリーム>

たっぷりのうるおいで日中のダメージを受けた肌をいたわり、健やかに輝くようなクリアな肌へ導きます。
高濃度※1クリアナノビタミンA※2をシリーズ最高濃度で配合し、うるおいと美容成分を、肌にしっかりと閉じこめるクリーム。長時間うるおいが続く肌を育みます。
※1 ルナメア内最高濃度
※2 パルミチン酸レチノール

ルナメア   クリーム商品ページを見る>

秋のお出かけもルナメアで♪

そろそろもみじ狩りや温泉の季節ですね♪旅先でも、いつも通りしっかりケアしたい!という方におすすめなのが、ルナメアACの「1週間トラベルセット」。クレンジングからジェルクリームまで、外出先でもしっかり4ステップでお手入れができるミニセットです。いつものお手入れを続けて、きちんとケアしましょう♪

ルナメアAC 1週間トラベルセット 商品ページを見る

初めての方はこちら!ルナメアAC1週間お手入キット