第23回 乾燥も大人のニキビの大敵!
冬本番に向けて早めのケアを!

肌に感じる風もすっかり冷たくなり、冬の訪れを感じる11月。
寒さとともに湿度も低下し、しっかり毎日お手入れしているつもりなのに肌の乾燥が止まらない!という方も少なくないのではないでしょうか?
こんな状態のまま冬に突入してしまうと、様々な肌トラブルを引き起こしかねない事態に…。

乾燥によって起こる肌トラブルのひとつに、ニキビがあります。
多くの人が10代で経験してきた「思春期のニキビ」の原因は、思春期特有のホルモンバランスによって皮脂分泌が過剰になり、アクネ菌が増加するニキビでした。しかし、20代以降に多く発生する「大人のニキビ」は、乾燥やストレスなどにより毛穴周辺のターンオーバーが過剰になり、毛穴出口が詰まってしまうことが原因です。

特に、顔の水分量がバラついている状態、つまり部分的に乾燥している状態は要注意!
富士フイルムの調査結果からも、顔全体の油分量には大きな差がないにもかかわらず、ニキビが多く発生している人は、フェイスラインを中心に水分量が少ない「部分乾燥状態」になっていることがわかりました。

水分・油分量観測ポイント

健康な肌の角質には約20〜30%の水分が含まれていますが、これが20%以下になると「乾燥肌」といいます。
肌がつっぱるなどの自覚症状が現れたときには、肌の水分量が10%以下になっていることも!
たかが乾燥と侮ることなく、さらに過酷な冬に備えて肌をしっかり整えることが大切です。

どうする?冬本番に向けて
今からすべきケアとは…

では、これからやってくる冬に向けて、どんなケアを行うとよいのでしょうか?
3つのポイントを参考に、日頃の生活習慣やスキンケアを意識してみてくださいね。

ポイント1
生活空間には加湿器(スチーマー)を設置しよう!

空気中湿度が50%以下になると、角層の水分が急激に蒸発しやすくなります。
11月以降は外気の湿度も60%をきることが増え、エアコンが効いた室内では20%台まで落ちてしまうこともあります。室内には加湿器を置いたり、オフィスでは卓上型の加湿器などを使用して、乾燥をケアできる環境を作るようにしましょう。

ポイント2
長風呂や熱いお風呂に要注意!

お湯に長くつかっていると、肌がうるおった気分になるかもしれませんが、必要な皮脂や皮膚のうるおい成分がお湯のなかに溶けだし、かえって乾燥を招くことも。全身浴で10〜15分ほどつかれば充分です。
また、汗が出にくいからといって、お風呂の温度をむやみに上げないようにしましょう。湯上り後、体温を下げるために体が皮膚の水分を逃がそうとするので、お湯の温度が高い方が肌は乾燥しやすくなります。お湯の温度は40度以下で入浴することをお勧めします。

ポイント3
毛穴の汚れを落として正しい保湿を心がけましょう!

洗顔も保湿方法も、「もう知っているよ!」と思われる方もいるかもしれませんが、実は正しく理解できていないことがあります。保湿成分をきちんと肌へ届けるためには、まず汚れや古い角質などをしっかり取り除き、毛穴をキレイにすることが大切です。また正しい保湿は、化粧水をただつけることではありません。一時的にしっとりしても、時間が経てば乾燥してしまうからです。水分保持力をサポートする「保湿成分」が含まれるスキンケアで肌にふたをし、水分を逃がさないようにしましょう。

いかがでしたか?
乾燥や肌冷えが進みやすい冬に向けて、しっかり肌を整えておきたいもの。
保湿を重視したスキンケアを心がけながら、生活習慣も一度見直してみてくださいね。

【ルナプラ美肌簡単レシピ】

今回は美容効果が高いと注目されている「ナッツのハチミツ漬け」をご紹介。
「食べる美容液」と呼ばれることもあるハチミツ。ハチミツにはビタミン、ミネラル、ポリフェノールなど美容面をサポートする豊富な栄養素を含んでいます。また、アーモンドには肌の代謝を促進するビタミンEが、マカデミアナッツには肌にうるおいをもたらす作用のあるパルミトレイン酸が含まれています。そのまま食べても美味しいですが、ヨーグルトと一緒にいただいたり、パンケーキやサラダのトッピングにするなど、アレンジして楽しんでくださいね♪
ナッツのハチミツ漬け

イマドキ女子事情を徹底リサーチ!!

今回は「肌の冬仕度」について、徹底リサーチ。
これを見ればイマドキ女子事情が一目瞭然!?

あなたは多数派?それとも少数派?

いつもルナプラアンケートへのご協力、ありがとうございます!
本格的な冬を目前に、「肌の冬仕度」と題して、みんなの冬の肌ケアについて聞いてみました。
乾燥に悩まされることが多い冬。みんなはどのようなタイミングで乾燥を感じ、どんな肌ケアを行っているのでしょうか?ぜひ、チェックして参考にしてみてくださいね!!

Q1 冬に向けて肌ケア方法を変えていますか?
もっと見る
Q2 どのような肌ケアをしていますか?
もっと見る
Q3 肌の乾燥を最も感じる部分はどの部分ですか?
もっと見る
さらに今回は、最も乾燥を感じるタイミングを、みんなに聞いてみました!たくさんいただいた声のなかから、多かった声を中心に一部ご紹介します。みんなはどんな時に乾燥を感じているのでしょうか?

いかがでしたか?
今回、編集部がびっくりしたのは、半数以上の方が冬に向けて肌ケア方法を変えているという結果。冬用のアイテムを追加したり、冬に向けて保湿力の高いスキンケアへ変更したり、みなさんの意識の高さや努力が伺える結果となりました。

そんななか、保湿しても時間が経つと日中乾燥を感じてしまったり、洗顔後にすぐ乾燥を感じはじめたりと悲しい現実も…。
顔全体の水分量を整えるように、化粧水などによる水分ケアと乳液やクリームなどによる油分ケアはしっかり行ってくださいね。目の周りや口の周りなどの皮膚が薄い部分は、重ねづけケアをおすすめします!

ルナメアのケアで叶える“キレイ”の秘密

しっかり保湿、しっかりニキビケア!

保湿はしっかりしたいけど、ベタベタするのは苦手…という方におすすめ!
これからの時季にピッタリなルナメアAC『ジェルクリーム』をご紹介します。

ルナメアACの『ジェルクリーム』は、みずみずしいジェル状クリームで、ベタつきを抑えサラッとした仕上がりなのに、うるおい長時間キープ。
ニキビ予防有効成分「グリチルレチン酸ステアリル」に加えて、肌あれ有効成分「トコフェロール酢酸エステル」、うるおい成分「天然ビタミンE」をナノ化し複合した独自成分「アクネシューター(R)※1」で、しっかり保湿しながら、ニキビや肌荒れを防ぎます。
※1 独自技術で有効成分(グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル)、うるおい成分(天然ビタミンE)をナノ化した複合成分と、うるおい成分(大豆リン脂質、グリセリン)からなる独自複合成分。

ルナメアAC ジェルクリーム 商品ページを見る>

口の周りや目の周りなど、特に乾燥が気になる部分には、重ね付けをしてご使用くださいね。
冬本番に向けて、肌のコンディションを整えましょう!

初めての方はこちら!ルナメアAC1週間お手入キット