第3回 肌荒れ警報発動中!
乾燥ケアだけじゃない春の美肌ケア

暖かな日差しとともに春めいてくる3月ですが、この時期、花粉やPM2.5、黄砂など、大気の状態も気になりますよね。大気汚染や花粉といえば、「健康」への影響については話題として多いですが、「肌」への影響ってご存知ですか?

大気の状態と肌の関係は?

そう、肌にもやっぱり悪影響です…。
微粒子物質や花粉が毛穴の皮脂と結びつくことで、毛穴が詰まりニキビができやすくなります。さらに肌の乾燥やアレルギーによる免疫力の低下などで、肌のバリア機能が弱まると、ニキビの炎症や「花粉皮膚炎」など皮膚の病気にも繋がりかねません。特に、大気汚染などにさらされる頻度の高い都心部などは、肌の機能が低下するリスクが10倍にもなると考えられています。

環境省/微粒子物質の月平均値の推移

引用:環境省/微粒子物質の月平均値の推移(平成24年度)

また、スギやヒノキなどの花粉は、日中に飛散するイメージがありますが、実は、気温が上がる11時〜14時のピークの他に、帰宅時間にあたる17時〜19時も空気中の花粉濃度が高くなります。これは、気温が下がり上空の花粉が地上に落下してくるためです。

東京都千代田区

引用:環境省/花粉症環境保健マニュアル(平成19年3月9日)

可能な限り、前もってのケアや対策で、ニキビや皮膚炎などの肌荒れを予防し、健康への影響を避けたいですよね。

「春の環境対策ケア」を取り入れて、
春もトラブル知らず肌に!

そこで今回は、環境の影響をダイレクトに受けるわたしたちの肌を守るための「春の環境対策ケア」をご紹介!

毛穴に入り込んだ花粉や微粒子物質をキレイに取り除く

メイクをしっかりオフした後は、きめ細やな泡洗顔で、毛穴の汚れをしっかり取り除きましょう。

微粒子物質をなるべく肌に触れさせないようガード

スキンケアの最後は、バリアの役割を果たす「UVプロテクター(UV美容液)」などのクリームタイプのアイテムを使用して、しっかり肌を守りましょう。

特に長時間、屋外にいるときやレジャーの時はいつものケアに「春の環境対策ケア」をしっかり取り入れて、ニキビなどの肌トラブルを防いでくださいね。
その他、マスクの着用や帰宅時に衣類に付着した花粉などを払い落とすなど、外側からの対策もお忘れなく!

ルナプラおすすめ簡単美肌レシピ

腸内環境を整えることで、美肌効果や免疫力アップ、花粉症に効果的と言われている「ヨーグルト」。さらに保湿効果と抗酸化作用に優れたビタミンEやオメガ9を含む美肌サポートフード「アボカド」を使った、この時期にピッタリな朝食レシピ“ヨーグルトスムージーのグラノーラ”をご紹介します。
朝食はこれで決まり!“ヨーグルトスムージーのグラノーラ”

ルナメアのケアで叶える“キレイ”の秘密

突然ですが問題です!「理想の洗顔泡」は次のどれでしょう? A:質より量!とにかくたっぷりの泡。 B:キメ細やかで弾力があるたっぷり泡 C:肌に残り、流れ落ちにくい密着泡 答えは…「B」。洗顔は汚れを落とせばいいものと思われがちですが、洗顔の仕方で肌の水分量など、その後の肌状態が変わってきます。弾力のあるキメ細やかな泡で洗うことで、肌にとって負担となる摩擦を減らせます。さらに、泡が細かくなることで泡の表面積が大きくなり、毛穴の中までしっかり皮脂や汚れなどを取り除くことができ、その後の化粧水などの成分が馴染みやすくなります。
「理想の泡」で洗顔するならこれ!ルナメアACファイバーフォーム

他にも、「セイヨウナシ果汁発酵液」「ヒオウギエキス」「ビルベリー葉エキス」「アーチチョーク葉エキス」といった自然由来のうるおい成分もたっぷり配合。乾燥による「脱水毛穴(※)」で起こる大人のニキビなどの肌トラブルや、背中やデコルテなどのボディのニキビ対策にもオススメの洗顔フォームです。

素肌力を磨いて、どんな時も自信が持てる肌へ。ぜひ、あなたの肌で実感してくださいね!

※毛穴に汚れや皮脂がたまった状態

ルナメアACファイバーフォーム 商品ページを見る