第32回 うっかりさん必見!ニキビが悪化!?
「夏ニキビ」を悪化させないためには?

毎日暑い日が続きますね…。外を歩けばどっと汗が吹き出し、まとわりつくような湿気でベタベタ…。

そんな夏は肌にとって、とても過酷な季節。高温多湿の環境で汗や皮脂が多く分泌されますが、強い日差しによって皮脂やメイクの成分が変化しやすく、さらに菌が増えやすくなります。

そのため、化粧をして1日をすごした夏の肌は、メイクだけでなく、細菌などの繁殖や、古い角質、皮脂、砂やほこり、排気ガスなどさまざまな汚れが付着しやすくなっているため、ニキビなど肌トラブルが起きやすい環境にあります。

では、肌にとって厄介な季節である夏を乗り切るためにはどうしたらいいのでしょう?
今回は、「夏ニキビ」の原因と対策をご紹介します!

夏ニキビの原因は紫外線と乾燥!?

紫外線のダメージや、冷房による乾燥などで肌表面の角層が厚くなり、毛穴の詰まりアクネ菌が増殖することで、ニキビができやすくなります。

強い紫外線によって肌のバリア機能が弱まると、抵抗力が弱まり、肌は外からの刺激を受けやすくなります。ターンオーバーが乱れることでニキビができやすくなります。

夏ニキビ対策は予防方法が鍵!

■肌のダメージを予防する肌環境づくり

毎日のケアで皮脂を酸化させないことを意識することが大切。そのため1日の終わりは、必ずクレンジングと洗顔で、酸化の原因となるメイクや汚れ、皮脂などをしっかり取り除くことが重要です。
また、普段の食生活でブロッコリーやトマトなど、リコピンやビタミンC、ポリフェノール類など抗酸化力のある食材を、積極的に取り入れるようにしましょう。

■肌バリアをサポートし、ダメージをケア

もともと夏の肌は、汗の多さが乳酸量を増やし酸性度を高めることで、抵抗力を強め細菌などに対する防御システムが効果的に働く仕組みになっています。しかし、外的刺激などでダメージを受けやすい状態に…。

そのため、「取り除く」というケアだけではなく、「うるおす」の毎日のケアで肌のコンディションを整えることが大事。これにより、肌をダメージから守り、夏でもつるんとした美しい肌をつくります。

また、睡眠不足や慢性疲労、ストレスも肌によい影響は与えないため、睡眠をしっかりと取り、ストレスを発散することを意識することが重要です。

いかがでしたか?
夏のニキビは、様々な要因が重なり起きていることがわかります。
そのため、いかに未然に防ぐかがポイント!メイクや汚れ、皮脂、汗などはその日のうちに、クレンジングや洗顔でしっかり取り除くことが大切です。また、冷房などでインナードライになりがちな夏肌をしっかりうるおし肌の内側からケアすることで、肌をダメージから守り、夏でもつるんとした美しい肌づくりを行うようにしましょう。
※ インナードライ…肌の内側は乾燥しているのに、肌の外側は皮脂でべたついている肌の状態

ルナメアのケアで叶える“キレイ”の秘密

しっかりメイクにも、肌にやさしく!
でもしっかり落とす!!

スキンケアのなかでメイクを落とすプロセスは、肌にとっていちばん負担がかかるもの。
そのため、メイク汚れは、肌をいたわりながら、素早く落とすことがポイント。
洗顔後のお手入れ効果を実感するためにも、まずメイクをキレイに落とすことが大切です。

ルナメアACの「クレンジング」は、オイルなのにさらりと軽いテクスチャー。肌にうるおいを残しながら、メイクの汚れをしっかりオフします。オイルがメイクを優しく溶かし出し、するする落とすクレンジングです。

クレンジングの時は、しっかり落としたい!とゴシゴシこすったり、使用量が少ないと、肌への摩擦が大きくなるため、気をつけてくださいね。手のひら全体で、優しくなでるよう落としましょう。

クレンジングオイル<メイク落とし>

しっかり汚れや毛穴に入り込んだメイクも浮き上がらせ、ニキビの原因となる毛穴のつまり※1や角栓をやさしく落とすことで、ニキビができるのを防ぎます。

摩擦が少なく、なでるだけですっきりメイクオフできるオイルタイプのクレンジングだから、デリケートな肌をやさしくケアすることができますよ。

※1 毛穴に汚れや皮脂がたまった状態

ルナメアAC クレンジングオイル<メイク落とし> 商品ページを見る>

「夏ニキビ」を、クレンジングから保湿までの
4ステップでしっかりケアするならこれ!

「おとす」「あらう」「うるおす」「つつみこむ」のニキビケアに必要な4ステップで、朝晩じっくり1週間ケアしてみませんか?

毛穴のつまりを取り除き、うるおいとニキビ予防有効成分を毛穴から直接届けることで、「夏ニキビ」を予防します。

ルナメアAC 1週間トラベルセット 商品ページを見る